So-net無料ブログ作成
★FXチャートの見方(初心者編) ブログトップ

■FXでの 「ダマシ」 はなぜ起きるの? [★FXチャートの見方(初心者編)]

当然のことですが、FXは全世界のトレーダーがチャートを見ながら投資しているわけです。
つまり、各通貨ペアのテクニカル分析の各種チャートやローソク足の数値などは同じものです。

以前、  ■ゴールデンクロスと、だましについて  という記事を書きましたが、この中でダマシ(だまし) という現象が相場の中でしばしば発生することに触れました。

別にトレーダーがだまそうと思ってしているのではないですが、一部のトレーダーの心理の動きによって、他のトレーダーの思惑がはずれる、というか予想を裏切られるという意味で、だまされるわけです(笑)

売り買いのポイントの見極めとして、多くの人が知っているのが  「ゴールデンクロス」 と 「デッドグロス」 です。

簡単に言いますと、ゴールデンクロスとは下図のように短期の移動平均線が長期の移動平均線を、下から上に突き抜け交差(クロス)することです。これは相場が強気になっていく兆候だと言われており、買いサインとなります。

ゴールデンクロス.jpg


逆にデッドクロスとはゴールデンクロスとは逆に短期の移動平均線が長期の移動平均線を、上から下に突き抜け交差(クロス)することです。これは相場が弱気になっていく兆候だと言われており、売りサインとなります。

ゴールデンクロスとデッドクロスのいずれにしても、上昇トレンド、下降トレンドが長く続かないときには、逆方向にトレンドが起きたりしますが、これが 「ダマシ」 の現象です。


では、なんでダマシが起こるのか、ということです。

それには次のような方たちがいるからです。上図のチャートを見れば分かると思いますが、実際にクロスする前には 「もうすぐクロスしそうだな」 というのがわかりますよね。
 
クロスする前の短期線がだんだん長期線に近づいているのは誰にも明白です。

ここで、ある人たちはこう考えます。

「ゴールデンクロスになればレートが上がる!その前に大量に買っておけばゴールデンクロスになった後の上昇でより儲けられるじゃないのか!?」  ようするに、ゴールデンクロスになる前に買う人が出てくるというわけです。

そうするとそのせっかちな人達にとっては、ゴールデンクロスしたところで十分に利益が出ていれば逆にそろそろ決済してもいいじゃないかと思うようになります。

というようなわけで、「ダマシ」 が発生してしまうこともありますので、いくら売り買いのポイントだといってもゴールデンクロスだけを頼りに売買するのは危険すぎると言えましょう。




FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■FXでの 「窓あけ(窓開け)」 で下落した時の対処法は? [★FXチャートの見方(初心者編)]

この言葉を最初聞いた時に、換気のために窓を開けるのかな?って思ったのですが(笑)、もちろんそうではないですよね。

普通、チャートのローソク足と移動平均線を見ると、それは連続的に上下したり、トレンドを作ったりしています。
ですので、理屈からいえば、直前のローソク足の終値と次のローソク足の始値は同じ値になるはずです。

ところが、たまに大事件が発生したり、毎週の休み明けの時には、ほとんどの場合そのようにスムーズなラインにはならなずに、下図のように終値と始値が一致せずに乖離(かいり)することがあります。

窓開け.JPG

その乖離によって、ぽっかりと開いた部分を窓と言いまして、窓が発生することを 「窓あけ(窓開け)」 と言います。

基本的には日足のチャートを見て判断しますが、窓が発生するのはFXは土日が休みなので、ほぼ月曜日の朝です。
(月曜日から金曜日までは、連続的に取引されているのでそのようなことは、ほとんど発生しないのです)

つまり、FXでの窓開けとは金曜日の終値と月曜日の始値との間に見られる値の差ということなんですね。


では、窓があいたときにはどのように対処すればよいのでしょう
 
面白いことに、窓が開いた場合、その窓の隙間は埋められることが多いという性質があります。

つまり、下側に窓があいた場合にはその窓を埋めるために一旦ローソク足が上昇することが多いのです。
そして一旦埋まった後は、再び元の水準まで戻すことが多いのです。

この性質を考えると、窓埋めを狙う場合は短期売買が基本になります。下落して窓を開けた場合、買い注文を出します。
窓が下側にあくというのは売り勢力が大変に強いことを示していますが、そのため窓が生じた後もすぐには埋まらずもう一段下落する事もしばしばあります。
 
ところが、人間心理として元の終値が意識されているので、下落したとしても反転の動きが大きくなるのを待って、前回のローソク足の終値のところまで到達したら(つまり窓を埋めたら) ただちに決済します。

これ、ほぼ毎週のようにやってくる現象ですので、狙ってみるのも面白いかもです(^u^)
 



FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■レートが急騰した後は急落となるのか? [★FXチャートの見方(初心者編)]

FXを実践する人の多くは毎日チャートのローソク足とにらめっこしていることでしょう。

さて、時々1時間とか数時間のうちにレートが急上昇して、ローソク足が長くなり急騰するときがあります。

その場合は大抵なんらかの 経済指標の発表  がその背景にあります。

下図はユーロ/米ドル のチャート図ですが、緑で囲んであるところでおわかりのように2月3日の午後に急にレートが上がって、長いローソク足(陽線)が出現しています。

レート急騰後は?.JPG

まずこの現象の背景には、1月22日にECB(欧州中央銀行)が量的緩和を決定し、さらに今後も緩和基調になるであろうという期待感からか、多くのマーケット参加者がユーロのショートポジション(売りポジション)を、ユーロの全体的な下落トレンド後も増やしたためだと考えられます。

そのため、大勢が売りポジションになった状態のところに、2月3日にギリシャ債務問題に対する懸念後退という観測が強まったことをきっかけに、ロスカットを目的とする買戻しが集中したためだと考えられます。それで、この急騰になったのでしょう。

普通は人間の心理として、これほどの急騰ならば反動として急落となると予想するかもしれませんが、この図にあるような高止まりになるのが一般的です。

この状態の時にポジションを売りにかけても、大きな下落にならず大抵は利幅を取ることが出来ないのです。むしろ、さらに上げてくることがあるので注意が必要ですね^_^;


FX初心者が参考にするサイト


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■2本以上のローソク足組合せパターンの見方-2 [★FXチャートの見方(初心者編)]

ローソク足は単体以外、つまり2本以上の複数の形状と推移を見ていくとトレーダーの群集心理を推し量れる事を前回見ました。

■2本以上のローソク足組合せパターンの見方-1


さて、下図の場合はどうでしょう?

ローソク足の組合せー2.jpg

左側のペアを見てみましょう。青が陰線で赤が陽線です。後ろ側(つまり後のローソク足)が前のローソク足をすっぽりと包みこんでいますよね。

これは下落してきたもののエネルギーを使い果たして、弱ったところを目がけて、反転狙いの人たちが買いを一気に入れて集まったことを表す状態です。

それで、この勢いに乗って更に買いをかける人が出てきたりしますし、売りポジションを持っていた人たちがあわてて決済したりすることで、レートの下落から逆転して上昇してくことが多いパターンです。

もちろんこれら以外にも、いろんな組合せパターンがあるのですが、全てその形で、今現在そのローソク足の見ている人たちがどのような心理状態にあり、今後どのようにトレードしていくかが次第に分かるようになるでしょう。

相場は、止まっていない、生きているということでしょうね^^


FX初心者が参考にするサイト


nice!(1) 
共通テーマ:仕事

■2本以上のローソク足組合せパターンの見方-1 [★FXチャートの見方(初心者編)]

ローソク足の形は様々で、それぞれが意味を持つことはご存知だと思いますが、実は、ローソク足単体でなく、2本以上ローソク足を組み合わ焦ることで群集心理が見えるようになり興味をそそられます。

で、まずは下図のパターンです。

ローソク足の組合せー1.JPG

これを見てみますと、前に来ている(つまり直前の)ローソク足が次のローソク足をすっぽりと包みこむような形になっています。まるで、母親が子供を宿しているかのようにも見えます。

では、この形からどんな群集心理が分かるのでしょうか。

左側の組み合わせですと、強いエネルギーを持って値が急落してきたのですが、そのエネルギーは使い尽くされ、値幅が縮まったことを示しています。

つまり、急落してきたのですが、一度エネルギーを使い果たして値が伸びにくくなるため、売りポジションを持っていた人たちも決済して、それを見ていた傍観者たちも反転狙いの買いを狙っていっているポイントなのです。

例えれば、イメージは強いゴム紐のようなもので、一旦伸びきったゴム紐が徐々に戻されてくる感じと言っていいかと思います^^


FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■レンジブレイクの見極めの手法とは? [★FXチャートの見方(初心者編)]

レンジと言っても、ここでは料理用のレンジじゃなく、チャート図のローソク足がある一定の幅(レンジ)の中で納まっている状態のことです^^;

以前に、 ■もみ合い相場 (レンジ相場) のところでも書きましたが、レンジ相場にはいろんな種類があります。

ですが、トレーダーの ”ある思惑” があるからこそ、そのような形状のチャートになっていると言えます。

※下図の黄緑色の楕円枠の中の形状に注目
レンジ相場のローソク足.jpg

このような状態から一気に上下のどちらかに抜けた場合、 「一気に」 相場が動くことが多いのです。この図のチャートの場合、見事に下降トレンドになっています。 

これもローソク足のパターンと同じですが、行動心理を考えてみればすぐに理解できるでしょう。

レンジ相場では、上にも下にも行きづらい状態で、どっちに行こうか迷っている状態で、トレーダーの心理がそこに反映されています。

そのため、まだ相場にトレードしていない者たちも「どちらか抜けた方向について行きたい」 という気持ちで相場を見ているのです。

そのため、ひとたびレンジ相場から抜けると、貯まっていたエネルギーを一気に放出し、一度に多くの売りや買いが集中し、出来高が上がりやすく勢いがついてきます。

すなわち、レンジブレイクした時により大きな上昇や下落に結びつくためには、より大きなエネルギーが貯まっていれば良いということになります。

では、エネルギーが貯まっているかどうかをどのように見極めるのでしょう?

その見極めですが、レンジ相場の時はレンジの 「広さ」 に注意を向けます。

レンジが狭い時(ローソク足がギュッと押しつぶされている状況)というのは、ぎゅうぎゅうにエネルギーが溜まり今にも弾けそうな状態になっていると言っていいでしょう。

レンジが狭いということは、すぐにブレイクしてしまうかもしれないことも示しています。逆にレンジが広い時には、まだまだエネルギーを溜めている段階で、ブレイクするまでに時間がかかる可能性が高いと言えます。

また、レンジ相場の期間が長く続けば続くほど、もっとエネルギーを貯めていることになりますので、抜けた時は大きな上昇、下落につながりやすいと言えましょう。
 
 



FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■トンボにも見える寄引同時線(十字足)の意味合いとは? [★FXチャートの見方(初心者編)]

ローソク足も色んなパターンがあって、なかなか興味深いですね^^

今回のローソク足は、見たままです。その名も十字足。 トンボという言い方もするようです。
寄引同時線とも言いますが、まさに寄ったり引いたりが同時に行われるイメージです。 

十字足.jpg

このローソク足の形は、勢いがある相場でしばしば出現しますが、一旦チャートが急上昇したものの、押し戻され下落に向かおうとするも、再び押し戻されて、最終的に売りと買いが拮抗した場面で出現します。

すなわち、売買エネルギーを溜めているイメージと言えますね。

これは、しばしば言われるように反転サインとなることも多いのですが、上からも下からも押し合っている状態ですので、エネルギーがギュッと詰まった状態(エネルギーを貯めている)とも言えます。

そのため、上昇中に十字足が発生してそこから反転下落するのかな?と思っていると、再び上昇することがありますので注意が必要です。

その見極め方は色々ありますが、高値や安値で、もちあいに入りローソク足が並行して作成された場合、更に上昇する傾向が見られます。
 



FX初心者が参考にするサイト
nice!(1) 
共通テーマ:仕事

■ローソク足のカラカサ下影陰線の意味とは? [★FXチャートの見方(初心者編)]

ローソク足の形状で、その時々の相場を知り、予測することが出来るのは面白いですね。

今回は、「カラカサ」 という形です^^ 妖怪の一本足のからかさ小僧みたいに見えるのでそう言っているようです。

 カラカサ下影陰線.jpg

つまり、下影が実体より長くて、上影のヒゲ無いものを指します。

このローソク足が出た時は、一旦売り圧力が高まって値が下がったもののそこから押し戻されたことを表わしている状態です。

この形のローソク足が底値圏内で出たら、チャートが上昇への転換可能性が高いと判断できるでしょう。


FX初心者が参考にするサイト


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■1本のローソク足パターンの見方で相場を知る [★FXチャートの見方(初心者編)]

基本的に、移動平均線やボリンジャーバンドなどは、いわば 「過去」 のデータからトレンドの予測を行おうとするものです。

対照的に、ローソク足の場合は、まさに 「現在」 の市場の動きそのものをよみとる格好の指標と言いますか、材料となります。

いくつかのパターンがあることは、以前  ■ローソク足と各パターンの見方  で書きました。

その中で、市場の状況がある程度わかるローソク足パターンがありますので説明します。

今回は トンカチ(上影)です。

ローソク足トンカチ.jpg

ご覧のとおり、とてもわかりやすいですね。この形からこの名前がついていますが、陰線か陽線かで二通りの呼び名があります。

これは一旦レートが上昇したものの、押し戻されて売り勢力が強まっていることを表しています。そのため上影陰線の方が完全に売り勢力が買い勢力に勝ったことを示しているので、より強い売りサインと見ることが出来るでしょう。
 
 



FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■ローソク足の期間と投資スタイルの関係 [★FXチャートの見方(初心者編)]

ローソク足には、色々な期間を表せるように、チャート画面のボタンで切り替えができるようになっています。

例えば、平均的に使われていて、初心者にも感覚的にわかりやすいのが、1 本のローソクで 1 日分の値動きをあらわした「日足(ひあし)」があります。

これが 1 週間分を表したいなら 「週足(しゅうあし)」、1 ヵ月分を表したければ 「月足(つきあし)」、1 年分を見たければ 「年足(ねんあし)」などと、自分で見たい期間を区切って瞬時に切り替えることができるのです。

なぜローソク足がそのように期間に応じて表示させるようになっているかと言いますと、各人の実際の取引スタイルにあわせて参考にするためです。

スキャルピングといった超短期型トレードの場合なら「1 分足」や「5 分足」を中心に見たいでしょうし、中長期型なら「日足」や「週足」そして「月足」を参考にする方が役立ちますね。

これは夜しか時間がとれない忙しいサラリーマンなのか、日中は時間の取れる主婦なのか、専業トレーダーなのかなどのライフスタイルの違いによって、投資スタイルが違ってきますので、その生活スタイルによって見るべき(見たい)日足の期間が違ってくるといえましょう。
 



FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■ローソク足と各パターンの見方 [★FXチャートの見方(初心者編)]

FXチャート図において基本要素の一つであるローソク足ですが、その基本的意味について ■ローソク足はチャートの見方の基本  で書きました。

単にローソク足と言っても、チャートを見ておわかりのようにいろんな形状があるわけですが、その形状によって幾つかの基本形があります。

ここでは9つに分類してますが、それぞれの形から、その時点でどんな相場の特徴をもっているのかを説明しています。
各ローソク足の特徴.gif
 

各ローソク足の特徴と意味について読んでみると面白いですね。

同じローソク足本体でもその長さの違いによって為替相場の状況を知ることができますし、上ヒゲと下ヒゲの長さとバランスによっても今後の状況予測ができたりします。さらに、ローソク足本体とヒゲの付き方のパターンによっても、意味が変わってきたりします。

しかし、これらの意味を把握し理解してトレードするというのはある程度経験と実践が必要と思いますね^^;



FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■FXにおけボリンジャーバンドの見方 [★FXチャートの見方(初心者編)]

これはローソク足と共に、チャートを用いたテクニカル分析では主に見られる重要なものですね。

ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線(ミドルライン)と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことを総称的に表現した帯のことです。

なんでボリンジャーって言うのかですが、1980年ころにジョン・ボリンジャーという人が考案した指標で 「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」 という統計値を応用したテクニカル分析の一つですね。

ボリンジャーバンド・移動平均線図.jpg
 
ボリンジャーバンドの中心となっているのが移動平均線(ミドルライン)です。
この図では、真ん中(ミドル)の黒っぽい線がそれです。

そして上下に何本か色付きの線が引かれていますが、上の赤から下の群青色のラインまでの帯(バンド)の中に95%の確率でローソク足が収まりますという目安となっています。

為替レートは常に上昇と下降を繰り返していきますが、移動平均線付近で推移するレートが多いので、移動平均線から極端に離れることは少ないのです。まあ、この考えに基づいて引かれているのがボリンジャーバンドというわけです。

詳しくはまた別のページで考えます^^


FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■ローソク足はチャートの見方の基本 [★FXチャートの見方(初心者編)]

これからチャート(チャート図)の詳細を書いていきたいと思いますが、多数あるチャートの構成要素の中でも、このローソク足が一番なじみ深いものではないでしょうか。
 
ローソク足基本.jpg 

 
ローソク足とは、見たそのまんまの通り、蝋燭(ろうそく)に似ていることからローソク足と呼んでいます。ちなみに、このローソク足で表現する方法は日本独自のチャート解析から生まれた優れものらしいです(^-^)

ローソク足はとてもシンプルですが、この中にたくさんの情報が詰め込まれています。ローソク本体が赤いのを「陽線」、黒いのを「陰線」と言います。色はいつも黒と赤の組み合わせというわけではなく、モノクロ画面なら白と黒、カラーなら赤と青など、一瞬でわかりやすいように色のペアが様々使われています。

「陽線」は始値よりも終値(引値)の方が高いものをいい、逆に「陰線」は始値より終値(引値)の方が安いものを表しています。

ローソク足の上下についているものは、それぞれ上ヒゲ、下ヒゲといいまして、各々の足つまり区切り(5分とか30分とか1日とか1週間とか・・・・)の高値と安値を指し示すために引かれます。

陽線が陰線より強いのですが、上昇トレンドでは陽線が多くなり、下降トレンドでは陰線が多くなる傾向があります。
 


FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■これがFXのチャートですが、見方が…(汗) [★FXチャートの見方(初心者編)]

さてさて、いよいよチャートを具体的に見て行きたいと思っておりますが、なんせチャートは複雑です^^; いや、初心者にはですよ…。下の画像をごらんください。

chr-gmo-line-demo.jpg

このチャート画像は GMO FX のデモトレードにログインしての 「Platinum Chart」 というもので
非常に細かい設定ができて、詳細な情報が見れるようになっていますが、デモ取引開始から1週間しか表示されないものです。

つまり、入金して取引をしているとずっと表示されるものです。まあ、仕方ないですね(汗)

これからチャート図の一つ一つの意味と働きを書いていきますが、まあ、複雑だな、というのが第一印象です。時間かければ、だれでも理解できるようになるはずです。

ローソク足や、ローソク足の上下に展開されているラインについては、1つずつ解説を加えていきたいと思っています^^


FX初心者が参考にするサイト


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■チャートに反映される群集心理 [★FXチャートの見方(初心者編)]

さてさて、いよいよ今日からチャートの説明を書いてみたいと思いますが、これは FXのデモトレード のカテゴリーでも、詳細な点を同時に見ていこうと思っています。

詳細な点を検討する前に、チャートの大前提の話です。

FXにおいては、為替相場を動かしているのはソフトや機械ではなく、人間であり、その動きを追ったチャートには、人間の群集心理というものが色濃く反映されています。

当然ではありますが、投資家は基本的に同じチャートを見ていますから、大体同じような予測を立てることになるでしょう

例えば、「そろそろ下がりそうだ」というサインがチャートに現れると、「そろそろ売っておこう」と考える投資家が多数出てきます。

そうなると、実際に大量の「売り」注文が出て相場が下がる、ということがあります。これは、人間の心理が相場を左右する典型的な例と言えますね。

逆に考えれば、チャートからこうした群集心理の流れをいち早く見つけることさえできれば、利益を上げるチャンスも増えてきますよね?

このように、FX市場への参加者心理を解読して、売買タイミングを先に把握でき点も、チャートの魅力と言えましょう。


FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事
★FXチャートの見方(初心者編) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。