So-net無料ブログ作成
★FXと心理学の関係 ブログトップ

■FXで言う 「休むも相場」 という格言の本当の意味は? [★FXと心理学の関係]

FX市場というものは、基本的には土日が休みで、あとは24時間常に稼働しています。

そのため、株とは違って常にトレードができる環境にありそうな感じがしなくもないですが、自動売買(EA)は別として、当然のことながら人間だれでも常に集中してトレードができるわけではありません。

そのことは、■FXトレードと体調の深い関係  で書きました。

体調が悪い時や病気の時は、精神状態が安定せず、市場のトレンド判断を誤り損失を出しやすいので、トレードを休んだほうが賢明だと思います。
 
 
しかし、「休むも相場」 というこの格言は、また別の意味を持っています。

この格言は、ある程度は短期的な売買を念頭に置いているものです。そうした取引では中立的な立場で少し高い位置から客観的に相場を見てみることが大事になります。

為替相場は常に動いていますし、土日以外、FXは24時間取引可能なので沢山チャンスはありそうに思えるのですが、実際には「今ここがエントリーポイントだ」 と思える場面は意外と少ないです。

売買ばかりして客観的思考が出来なくなっているときは、冷静になるためにも休む事は重要だという事です。


もうひとつ言えるのは、自分の体調や感情のコンディションだけが「休むも相場」 の判断基準ではない、ということです。

FX投資で利益を上げるのは、“継続する事” が一番大事な事で、複利で少しずつ資金を増やしていく手法が安定しています。

ですので、ただ単に 「自己都合だけ」 で休み、買うべきポイントで買わなかったり“怖い時は売買を止めて、怖くない時だけ買う”というようなことしていると、利幅をとるチャンスを逃すことにつながります。

「休むも相場」 とは言っても、それはFX相場にアンテナを張っておくことを休みなさい、ということではないので、間違って考えることのないようにしたいと思いますね(*^_^*)
 



FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■FXの売買ルールを守れないと・・・・・ [★FXと心理学の関係]

FXでの投資の傾向や資産の増やし方、勝ち負けには、その人の性格が大いに影響することは以前にも書きました。



そして、性格というのはルールを守るかどうかという生活の基本的な事柄にも現れます。

あなたは、普段の仕事だけでなく、日常生活の何気ない物事の扱い方や一般社会でのルールを守ることについてどのようにお考えでしょうか。

はっきり言って、普段の生活で世の中のルールを守ることを軽視している人はFX相場の投資やトレードにおいても売買ルールを守らず、その結果に大損につながってしまう傾向があります。

さらに、FXという試算を増やす投資には、その性質上ルールを守れないことは致命的なことがあります。

つまりそれは、ルールを平気で破ったり軽視する傾向のある人は当然のことながら、トレードノートをつけないか、つけてもいい加減なので提案されているトレードルールが良いものかどうか検証ができないということになります。

検証できないので改善も出来ないということですよね^^;

最初っからルール通りトレードしていないので、その時その時の気分によるイチカバチかチョウカハンカのトレードになってしまいます。

さて、そんなトレードを繰り返しているとどうなるでしょうか?当然の報いとして、ある日突然大きなバチが当たり、大損失を出し、早々に相場から撤退することになるでしょう。

そのことを防ぐためには、普段からルールを守るという習慣や意識を持つ必要があります。

それはなにも、FXの売買ルールだけを守るということではなく、普段仕事や家事や人間関係や社会通念上のルールを守るようにしていれば自然にFXトレードにおいても売買ルールを守る意識が失われることはないでしょう。




FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■群集心理とFXの関係 [★FXと心理学の関係]

当たり前のことですが、FXは人が動かしています。

テクニカル分析のデータが蓄積され、インターネット上の様々なプログラムが揃っているにしてもやはりそれらには人間がかかわっています。

ですので、チャートの動きやトレンドには人間の心理、とりわけ群集心理が色濃く反映されます。

FXトレードでは毎日のように、PCやスマホの画面に向かってどこでエントリーをしようか、決済しようか、指値や損切りの値をどうしようか、などなど色々と考える自分がいると思いますが、チャート画面の向こうには無数のトレーダーがいます。

ということは、チャートの変化には自分以外の無数の人間の心理がすなわち群集心理が表れていますし、予想にも反映されます。ローソク足の形状、各平均線のトレンドなどのテクニカル分析の一つ一つが群集心理を反映しています。

それを考えますと、自分の思い込みではなくて、「チャートを見ている人が今何を考え、これからどうしたいのか」 という群集心理に重きを置きながら、また、思いをはせて自分の投資に反映させる必要があるかと思います。

この事実を無視するなら、例えば自分が上がるはずだと思っていたポジションが一向に上がらず、相場がドンドン下がっているのに決済しないで、結局強制ロスカットを喰らうかもしれません。

トレードは自分一人で成り立っているものではないので、トレーダー全体の心理に寄り添って考えるべきなのですが、これは普段から他人がこうされたら、こう言われたらどう思うか、という習慣を身につけるしかないのでしょうね(^-^)




FX初心者が参考にするサイト

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

■性格(メンタル)はFX投資に影響があるのか? [★FXと心理学の関係]

投資という世界は、100%勝てることが誰にとってもありえないので、逆に言えば見出された必要最低限のルールを守ることが一番大事なのです。

でも、同じルールにしたがって投資しても、なぜ勝てる人と負ける人が出てくるのか、ですね(/・ω・)/

実はFX投資のスタイルとか勝ち負けは、各人の性格やメンタルが大いに影響しています。

普段から落ち着いている方がトレードをすると、やはりトレードも落ち着いた傾向になりやすく、トレードの回数は控えめになることが多いことは考えてみればすぐに分かるでしょう。

逆にせっかちな人がトレードをすると、トレード回数は、やはり多くなることも必然でしょう。

こうして、個人の性格や普段のメンタルの状態と実際のトレードには切っても切れない深い関係があると言えます。ではその中でもメンタルが最も影響を及ぼすのはどこなのでしょうか?

別のページで、そのことを詳しく見てみましょう^^


nice!(0) 
共通テーマ:仕事
★FXと心理学の関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。