So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2014年09月 |2014年10月 ブログトップ

■円高と円安って何? [★FXの専門用語(基礎編)]

これ、基本中の基本の用語ですが、毎日のようにニュースで必ず流される円高ドル安、円安ドル高という言葉。株やFXをしない素人さんでもこの言葉は知っていますよね。

では、円高や円安とは何のことなのか説明してくれ言われても、難しいものです(汗)

続きはこちら…


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■経済指標(ファンダメンタルズ) [★FXの専門用語(基礎編)]

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。為替相場を動かす要因となるものです。

国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれに当たり、企業にあてはめると、売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況を指します。

経済指標(ファンダメンタルズ)をもとに、株価や為替の値動きを予測することをファンダメンタルズ分析と呼んでいます。
 
ファンダメンタルズの内容はすぐに市場価格に影響しないものが多いのですが、国や企業の運営の状況を知る上での重要な指標と言えましょう。

特に中長期の運用を考える人にとってはポイントとなる指標でしょう。ですから、市場価格や数値ばかりではなく、本質的な部分の価値も視野に入れて検討することが大切ですね^^


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

■性格(メンタル)はFX投資に影響があるのか? [★FXと心理学の関係]

投資という世界は、100%勝てることが誰にとってもありえないので、逆に言えば見出された必要最低限のルールを守ることが一番大事なのです。

でも、同じルールにしたがって投資しても、なぜ勝てる人と負ける人が出てくるのか、ですね(/・ω・)/

実はFX投資のスタイルとか勝ち負けは、各人の性格やメンタルが大いに影響しています。

普段から落ち着いている方がトレードをすると、やはりトレードも落ち着いた傾向になりやすく、トレードの回数は控えめになることが多いことは考えてみればすぐに分かるでしょう。

逆にせっかちな人がトレードをすると、トレード回数は、やはり多くなることも必然でしょう。

こうして、個人の性格や普段のメンタルの状態と実際のトレードには切っても切れない深い関係があると言えます。ではその中でもメンタルが最も影響を及ぼすのはどこなのでしょうか?

別のページで、そのことを詳しく見てみましょう^^


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■ADP 雇用統計 [★FXの専門用語(基礎編)]

なんだか、経済用語なので難しく感じるかもしれませんが、慣れたら普通になりますからご心配なく^^;
まずは、ADPからご説明しますね。

ADP(Automatic Data Processing, Inc.)という、米国の民間給与計算などを扱っている事関連業務の大手代行会社があるのですが、その会社が発表する雇用調査レポートのことです。

2006年5月から発表が開始された、比較的新しい経済指標なのですが、ADP 社が抱える約 50 万社のクライアントと、2,300万人以上の給与計算データを基礎に、Macroeconomic Advisers, LLC(マクロエコノミック・アドバイザーズ)社が非農業雇用者数などの予測を作成しています。

サンプル数が非常に多いということや、米国労働省から発表される雇用統計に近い算出手法をとっていること、そして、雇用統計の 2 日前に発表される事などから注目されています。

しかし、集計方法が変更されることがあり、また、雇用統計の数字とのギャップがある場合も多いことから、注意が必要とされる点もあります。


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■FXが株式投資よりも優位な点・その2  紙切れになる確率は限りなく低い [★FXと他の投資の違いとは?]

株の場合、自分が投資対象にしている会社自体の業績如何によっては、多大の損失を被るだけでなく、会社が倒産したり消滅したりした場合、株式は単なる紙切れになってしまいます。

しかし、FXの場合、そのようになる確率は圧倒的に低いと言えます。

なぜなら、通貨がなくなるということは、その国がデフォルト(債務不履行で国が破綻すること)や戦争などで破綻することを意味するからです。

特に米ドル、英ポンド、カナダドル、ユーロなどの主要通貨と言われるものであれば、ほぼ有り得ないと言っていいでしょう。

続きはこちら…


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■無料のデモトレードさえトライしない人の末路は… [★FXのデモトレード]

FXを始めたのはいいが、気合と根性で早く儲けを出したい、って意気込んでる場合は注意が必要です。

FX に限らず株式先物取引など、投資ファーストステップ…それはなんでしょうか? それは、お金を儲けることではなくお金を失わないという事なんです。

本来投資とはお金を守りつつ維持していくものと言えましょう。そしてそれが確保できたら、、少しずつ増やしていくのが理想です。けど、いわゆるFXの投資家たちはシャレにならない金額を失っているという現実があるのです(´・ω・`)
よく考えてみてください。FXで一瞬でお金が減ってしまうなら、タンス貯金をしていた方がはるかにマシだとは思いませんか?貯金は増えはしませんが、減りもしませんからね。

FX も同じ考え方をすることができます。FX は何も考えずに適当に「上がるだろう」「下がるだろう」でトレードをすると 100%お金が減ってしまいます。そうならない為には、まずしっかりルールを覚えて、ルール通りに売買をすることが大事です。
FX には、実際の生のお金を使って危険な?FX投資をする前に、その練習が出来る場所があるのです。それがデモトレードです。

デモトレードというのは、パソコンやスマホを使って、本番とまったく同じ環境・同じ相場で架空のお金で取引が出来る、いわば練習の場なのです。

このデモトレードではいくら負けてもあなたの口座には一切影響はありません。逆にどんなに儲けても一銭もあなたのフトコロに入ってきません(笑)

つまりただのゲームです。ゲームと言っても環境は本番と同じです。このデモトレードで最低でも1ヵ月はしっかりトレーニングが必要でしょう。

FXでの厳しい現実はこうです↓

デモトレードをやらずに、さっそく生のお金でFX を行った人の 100%全員が口座のお金をすべて失っているのです。

最低でも1ヵ月で、理想は3ヶ月間デモトレードでしっかりトレーニングをする必要がありますね(´∀`)

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■FXとは、そもそも何のこと? [★FXでリッチな日々?]

そもそもFXって一体何の事だろうって思う人が多いでしょう。
英語の略語ではあるけど、株とも違うし…

FXとは Foreign Exchange の略で、日本語では「外国為替保証金取引」や「外国為替証拠金取引」と呼んでいるものです。

さて、FXとは、どんな取引なのかですが、ズバリ、「お金を買って、お金を売る」ことなのです。簡単すぎますか(笑)

毎日のように、テレビやネットでは、1ドルが106円になった108円になった、というのをやっていますが、あれが為替レートというものです。

為替レートは、日本円に対して、米ドルだけでなく、ポンドとか、ユーロなど様々な通貨が対象になりますが、この為替レートに沿って、お金を売買して利益を出す、それが FX なのです。

細かい説明はたくさんあり、別のところで詳しく書いていくつもりですが、とりあえずこのページでは、超簡単なFXの定義でした。

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■FXで稼いだ所得の税金って、凄いかかるのか心配・・・・ [★FXと税金の申告について]

これって、だれもが気になるところでしょう。まあ、初心者のうちなら、捕らぬ狸の皮算用、ということで心配しない人がいるかもしれませんがね・・・・(^_^;) 

実は。FX での収入は 「雑所得」 と言って、税金面が普通の所得(給与所得・事業所得など)よりも優遇されます。嬉しいことに雑所得はいくら稼いでも上限は 20%までなんです(^O^) お上も、たまにはいいことしますねえ。素晴らしいですなあ(笑)例えば、FXで年収3000 万円を稼いでも年間で600 万円だけしか納税しなくても良いのです。ということは、手元に残るお金は2,400万円ですね。

ちなみに同じ年収 3000 万円でもビジネス収入(給与所得・事業所得など)なら 税率は40%と決められているので、1200万円も持っていかれる(^_^;) 自分の実質の実入りは1,800万円となり、FX所得との差は、なんと600万円も違うのです。(゚o゚;;

この税率の差は大きいですよ。できれば、FX専業でやりたいと思っちゃいますが、まあ、現実はそう甘くないでしょうね…。

ですが、初心者ならば、まずは資金を減らさないことを先に心配したほうがよさそうですな(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

■FX取引の口座開設の大きな流れ [★FX口座開設体験記]

FX をこれから始める人が一番先に行うべきことですが、
いろいろあるとは思いますが、まずは口座を開設するのが良いと思います。

口座開設に必要なものは…

■身分証明書(免許証・パスポート保険証など…)

この二つだけです。

これらに基づいて審査されるわけですが、クレジットカードみたいな厳しい審査ではありませんので気軽に申し込めます(^O^)

口座開設の大きな流れは下記の通りとなっています。

1・FX 会社を選択する
      ↓
2・必要事項を記入する
      ↓
3・身分証明書を送付する
      ↓
4・審査
      ↓
5・口座開設の通知が郵送で送られてくる


FX会社によって若干違いがありますが、早ければ 3 日程で口座開設が出来るでしょう。
遅くても一週間ほどで開設になるでしょう。
各FX会社の説明は別のページで説明いたしますね(^-^)

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

■初心者が陥りがちな失敗しやすい覚え方と正しい覚え方 [★初心者がFX用語を覚えるには…]

初心者としてFXのデモトレードを開始する場合、まず最初の壁となるのがFXの専門用語を覚えることでしょう。

FX には独特の専門用語がありますよね。日常生活では使うこともなく、意味が推測できそうもない言葉の数々(^_^;)
まずはこれを覚える必要があるんですが、最初は誰しもわからなかったのですから、心配することもないでしょう。習うよりも慣れよ、が原則ですよ(^-^)

ただし、ここで気をつけるべきことがあります。それは、FX専門用語を覚えるときの考え方というか、精神態度というか、覚え方の事なんです。実際のところ、考え方一つで実は成功する人とそうじゃない人に分かれるようです。

FXの最初の壁でつまづいて失敗する人の考え方は、【受験のように用語を丸覚えしようとする】 というものです。
つまり、その用語の意味を完璧に覚えるまで次の作業をしようとしないのです(´・_・`)

対照的に、FXで最初から成果を上げる率の高い人はどんな考え方や態度をもっているのでしょうか?
それは、つまり 【 FX を実践しながら覚える】 ことをする人なのです。

とりあえず実践してみて、分からない用語が出てきたらテキストやネットで一発で調べる事が出来るので、そうして調べる人なのです。早く結果が出るのはどちらの考え方かというと、もちろん後者です。

FXの実際の取引で使用して困らない程度の用語は全部で 30~40 個ぐらいだと思われますが、それらを受験勉強のように覚えようと思うとどうなるでしょうか?おそらく僕なら数週間から1ヶ月程度はかかるんじゃないでしょうか(苦笑)

初心者だからこそ、そんなまだるっこしいことをしないで、FXのデモトレードを実践しながら、「その都度」 必要な用語だけを調べて覚えていくようにするなら一度調べた用語は決して忘れないでしょう。

ですから、最初の段階では基本的な用語でさえ、さらっと読むだけで十分です。すべてを受験のように暗記する必要は一切ないです。

実践しながら、分からない用語が出てきたら、その都度テキストやネットで調べるようにするのが壁を乗り切り、失敗しない鉄則なのです。

nice!(0) 

■FXの初心者、まだデモトレーダーですが、まずはご挨拶から。 [★FXでリッチな日々?]

どうも、はじめまして。ニノマエと申します。

実は、この9月からFXを本格的に始めようと思い立って、ブログを始めてみました。

色々とネットで調べていくと、特にFX初心者というのは、いきなり実践で投資をしてしまい大損を食らって、「あ~あ、やっぱりFXってもうからないんだ」 ってなり、市場から撤退というのが圧倒的に多いのだそうです。

ですので、少なくとも、まずは3ヶ月ほどかけて、じっくりとFXの仕組みや稼ぎ方、特に損切りのタイミングなど着実性を身につけるため、デモトレードを実践したいと思っています。

とりわけ、FXの実践日記として、同じ初心者として知識や経験を分かち合いたいと思っています。自分の失敗や思いや経験が皆さんに少しでも共感して頂ければ嬉しく思っています。

では、これからよろしくお願いします(^^)


FX初心者が参考にするサイト



-|2014年09月 |2014年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。