So-net無料ブログ作成
検索選択

■FXでの 「ダマシ」 はなぜ起きるの? [★FXチャートの見方(初心者編)]

当然のことですが、FXは全世界のトレーダーチャートを見ながら投資しているわけです。
つまり、各通貨ペアのテクニカル分析の各種チャートやローソク足の数値などは同じものです。

以前、  ■ゴールデンクロスと、だましについて  という記事を書きましたが、この中でダマシ(だまし) という現象が相場の中でしばしば発生することに触れました。

別にトレーダーがだまそうと思ってしているのではないですが、一部のトレーダーの心理の動きによって、他のトレーダーの思惑がはずれる、というか予想を裏切られるという意味で、だまされるわけです(笑)

売り買いのポイントの見極めとして、多くの人が知っているのが  「ゴールデンクロス」 と 「デッドグロス」 です。

簡単に言いますと、ゴールデンクロスとは下図のように短期の移動平均線が長期の移動平均線を、下から上に突き抜け交差(クロス)することです。これは相場が強気になっていく兆候だと言われており、買いサインとなります。

ゴールデンクロス.jpg


逆にデッドクロスとはゴールデンクロスとは逆に短期の移動平均線が長期の移動平均線を、上から下に突き抜け交差(クロス)することです。これは相場が弱気になっていく兆候だと言われており、売りサインとなります。

ゴールデンクロスとデッドクロスのいずれにしても、上昇トレンド、下降トレンドが長く続かないときには、逆方向にトレンドが起きたりしますが、これが 「ダマシ」 の現象です。


では、なんでダマシが起こるのか、ということです。

それには次のような方たちがいるからです。上図のチャートを見れば分かると思いますが、実際にクロスする前には 「もうすぐクロスしそうだな」 というのがわかりますよね。
 
クロスする前の短期線がだんだん長期線に近づいているのは誰にも明白です。

ここで、ある人たちはこう考えます。

「ゴールデンクロスになればレートが上がる!その前に大量に買っておけばゴールデンクロスになった後の上昇でより儲けられるじゃないのか!?」  ようするに、ゴールデンクロスになる前に買う人が出てくるというわけです。

そうするとそのせっかちな人達にとっては、ゴールデンクロスしたところで十分に利益が出ていれば逆にそろそろ決済してもいいじゃないかと思うようになります。

というようなわけで、「ダマシ」 が発生してしまうこともありますので、いくら売り買いのポイントだといってもゴールデンクロスだけを頼りに売買するのは危険すぎると言えましょう。




FX初心者が参考にするサイト
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。