So-net無料ブログ作成
検索選択

■2本以上のローソク足組合せパターンの見方-2 [★FXチャートの見方(初心者編)]

ローソク足は単体以外、つまり2本以上の複数の形状と推移を見ていくとトレーダーの群集心理を推し量れる事を前回見ました。

■2本以上のローソク足組合せパターンの見方-1


さて、下図の場合はどうでしょう?

ローソク足の組合せー2.jpg

左側のペアを見てみましょう。青が陰線で赤が陽線です。後ろ側(つまり後のローソク足)が前のローソク足をすっぽりと包みこんでいますよね。

これは下落してきたもののエネルギーを使い果たして、弱ったところを目がけて、反転狙いの人たちが買いを一気に入れて集まったことを表す状態です。

それで、この勢いに乗って更に買いをかける人が出てきたりしますし、売りポジションを持っていた人たちがあわてて決済したりすることで、レートの下落から逆転して上昇してくことが多いパターンです。

もちろんこれら以外にも、いろんな組合せパターンがあるのですが、全てその形で、今現在そのローソク足の見ている人たちがどのような心理状態にあり、今後どのようにトレードしていくかが次第に分かるようになるでしょう。

相場は、止まっていない、生きているということでしょうね^^


FX初心者が参考にするサイト


nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。