So-net無料ブログ作成

■トンボにも見える寄引同時線(十字足)の意味合いとは? [★FXチャートの見方(初心者編)]

ローソク足も色んなパターンがあって、なかなか興味深いですね^^

今回のローソク足は、見たままです。その名も十字足。 トンボという言い方もするようです。
寄引同時線とも言いますが、まさに寄ったり引いたりが同時に行われるイメージです。 

十字足.jpg

このローソク足の形は、勢いがある相場でしばしば出現しますが、一旦チャートが急上昇したものの、押し戻され下落に向かおうとするも、再び押し戻されて、最終的に売りと買いが拮抗した場面で出現します。

すなわち、売買エネルギーを溜めているイメージと言えますね。

これは、しばしば言われるように反転サインとなることも多いのですが、上からも下からも押し合っている状態ですので、エネルギーがギュッと詰まった状態(エネルギーを貯めている)とも言えます。

そのため、上昇中に十字足が発生してそこから反転下落するのかな?と思っていると、再び上昇することがありますので注意が必要です。

その見極め方は色々ありますが、高値や安値で、もちあいに入りローソク足が並行して作成された場合、更に上昇する傾向が見られます。
 



FX初心者が参考にするサイト
nice!(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。